【怖い話】赤いクレヨン

有名な怖い話



ある新婚の夫婦が、夢のマイホームを購入した。中古物件ではあったが、ほとんど新築同然で、相場よりはるかに格安で販売されていたので迷わずに購入した。
ある日、廊下に落ちている赤いクレヨンを見つける。
夫婦には子供がいないので、何者かが侵入した事を疑ったが、そんな痕跡はなかった。
その時は気にも留めなかったが、同じような怪奇現象が立て続けに起きた事で、夫婦はこの家の事を調べることにした。
その結果、この家には、壁の向こうにもうひとつ部屋がある事に気づきました。
夫婦は、その「隠された部屋」周辺の壁紙を剥がすことにしました。
するとそこには釘打ちされた扉があった。
恐る恐るその扉を開けると、埃まみれの何も無い部屋が。
しかし、その部屋の壁一面は、「おかあさん ごめんなさい だして」という赤い文字で埋め尽くされていた。

【怖い話】赤いクレヨンを読んだ感想

怖い話を読んだ感想や思った事をを下記欄にコメントしよう。



有名な怖い話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

怖い話.com

怖い話が好きでブログ更新してます。 オカルト、怖い話、ホラーのジャンルが好きな方にオススメのブログです。 怖い話が好きなユーザーの方より怖い話をご提供頂ければ掲載させて頂きます。 怖い話募集よりお気軽にお問い合わせください。