【漫画】着色料は虫から出来ていた!?【マンガでわかる】

【怖い話】祖父から聞いた怖い話

短編の怖い話



これは酒好きの祖父が呑み友達のAさんから聞いた話。
Aさんは日中戦争に出兵されたでその時に体験した話だ。
Aさんの部隊が各地で転戦を繰り返していたある夜、Aさんがいた野営地に敵からの奇襲があった。
「ドーン!、バラバラバラ」迫撃砲が着弾する音、銃声でAさんは飛び起きた。
「敵襲!敵襲!」周りは大混乱。
するとAさんが低い姿勢で物かげで身構えていた近くに迫撃砲が着弾した。
Aさんは奇跡的に難を逃れたが爆音で耳が馬鹿になりしばらく何も聞こえ無かった。しばらくしてどこからか声が聞こえることに気付いた。
「だ、くれ…けてくれ…ここだ助けてくれ~」誰かが助けを求めている。
辺りを注意深く見回していると物資が燃えている灯りに照らされて誰かが身もだえている。
素早く近寄って「大丈夫かしっかりしろ」というと「う~、う~」と歯を食いしばった感じでうなっている。Aさんは彼を強引に担ぎ上げると一目散に林の中に逃げた。
少し走っては隠れて周囲を警戒、また少し走っては周りを隠れて周囲を警戒を繰り返していた。警戒中は怪我した彼を励ますために声をかけ続けた。
「大丈夫だぞ。もう近くに別の部隊がいるはずだ。」「すまん重かろう、もう置いて行ってくれ」「そんなことできるか、必ず帰ろう。」暗くてよくわからないが彼からの返答がある。
林の中をかけずり回っているうちにだいぶ辺りが明るくなってきた。すると味方の部隊が行軍しているのを発見した。
「助かったぞ。しっかりしろ」一目散に走り出した。彼は「妻に宜しく。」と言った。「何を言ってるんだ。助かったんだぞ。」そう言いながら味方の所に走って行った。
「助けてくれ~怪我人がいる~!」すると皆「うぅ~」と怯えながら遠ざかっていく。
「早く!怪我人だ助けてくれ」するとその部隊のある兵士が「貴様、屍を背負って何をしておるか」「いえ、彼は生きています」「気でも狂っとるのか、下ろしてよく見てみよ。」そう言われて下ろして見るとAさんは声にならない悲鳴を上げた。
彼の顔、迫撃砲で右半分が吹き飛ばされて若干腐って虫が沸いていて、脳みその一部と上顎の骨が見えていた。
彼は背負った時にはもう死んでいたし会話できるような状態ではなかった。にもかかわらずAさんは夜通し屍とずっと会話していた。
Aさをはショックと安堵感からか気を失って卒倒した。Aさんは「死体と話すなんて後にも先にもそれきりでしたよ。
身体にこびりついた屍の臭いは1週間かかってようやくとれたんですがね、記憶にこびりついた臭いは風呂に入っても、酒を飲んでも、タバコを吸っても今でもこびりついてとれないんですよね。」と祖父に言った。祖父は「何となくいまでもAさんが屍を背負っていて、肩に半分吹き飛ばされた顔があるような気がしてゾッとした。」そう言っていました。

祖父から聞いた怖い話を読んだ感想

怖い話を読んだ感想や思った事をを下記欄にコメントしよう。

ちょっと怖いなぁ(~_~;)そんな時は気分転換にどうぞ(´ω`*)

【漫画】着色料は虫から出来ていた!?【マンガでわかる】

短編の怖い話

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    怖い話.com

    怖い話が好きでブログ更新してます。 オカルト、怖い話、ホラーのジャンルが好きな方にオススメのブログです。 怖い話が好きなユーザーの方より怖い話をご提供頂ければ掲載させて頂きます。 怖い話募集よりお気軽にお問い合わせください。