【怖い話】潰された足

実話の怖い話



潰された足

これは私が大学2年生の時の話です。大学の講義が終わった後、友達の家で焼肉会をすることになりました。6人ほどに声をかけて集まったのは3人。焼肉会の会場提供者であるAさん、お気に入りのフィギュアをいつも持ち歩いているオタクのOさん、そして私です。

Aさんの家に向かう電車の中、最寄りの駅に近づいてくると「あれが私の家だよ」とAさんがあるマンションを指差しました。そのマンションは他のどの周りのマンションよりも目立つ、大きなオレンジ色のマンションでした。

近づけば近づくほどそのマンションがおしゃれでたかそうなマンションに見えていました。駅についてから、構内にあるスーパーで焼肉会のお肉を買いに外に出ると、私は魔の前にある建物を指差しました。

「あ!Aさんの家ってここだよね!」
そう私が言っても何の返事もありませんでした。おかしいなとおもいAさんの方に顔を向けると、Aさんは何言ってるのという不思議そうな顔をしていました。

それもそのはずです。私が指差していたのはおしゃれなオレンジ色のマンションではなく、古ぼけた白い団地でした。何でこんな場所を言ったのか自分でもわからず、とりあえず変な空気を誤魔化しました。そんな時Aさんはぼそっとつぶやきました。

「そういえばここって何人も飛び降り自殺してる団地なんだよね・・・」
今思えば恐怖はここから始まったのかもしれません。そこから少し歩いてAさんと私は焼肉会場のAさんの家に到着しました。そのままマンションの3階にあるAさんの部屋のリビングに通され、Aさんは焼肉の準備を始めました。Aさんの部屋にはすでにOさんがいて、わたしとOさんは準備ができるまでテレビを見ていました。

しばらくすると玄関の扉が急にバタンとしまったんです。「お母さんが帰ってきたのかな?」とAさんがいうので私とOさんはリビングのドアの方を向きました。Aさんの母親に挨拶をしようと思ったからです。そうこうしているうちにリビングのドアノブがガチャリと下に下り、ドアが開きました。

ですがそれだけでした。ドアの向こうには誰もいなかったんです。そのままぎゃーと悲鳴をあげながらAさんのいるキッチンに走り抜けて行きました。事情を話すと3人で玄関に行き確認をしに行きました。
玄関のドアには鍵がかかっているし、やはり誰も帰ってきてはいませんでした。

その後も部屋でラップ音がしたり、誰もいないはずの部屋から物音がしたりと異論のことが起きました。ですがせっかくだからと気にしないようにしよう!と焼肉を楽しみました。

その後夜も深くなってきて焼肉会は終了しました。夜も遅いのでAさんが駅まで見送ってくれることになり、私たちはAさんの家を出ました。エレベーターがなかったのかは覚えていませんが、マンションの階段を降りている時に背後に嫌な気配を感じたんです。Aさん、Oさん、私の順で降りていたので背後に誰もいるわけはありません

薄気味悪い気配を感じながら地面まで残り5段のところまできました。一瞬何が起きたのかわからなかったのですが、両足を何者かに掴まれた感覚があり足が前に出ず、私は階段を頭から落ちてしまったんです。頭や体よりも足首の方が痛くて膝立ちをしているところに、心配してきてくれたAさんとOさんがきました。

「え!落ちちゃったの?大丈夫だった?」と言って近づいてきた二人は、私を見て大きな悲鳴をあげて、私のある部分を指差しました。その指先の先を辿ると先ほどから傷んでいる私の足首だということがわかったんです。そのまま私は自分の足首を見てみると、私は声も出ないほど呆然としまいsた。

私の足はまるで粘土のようにぐにゃぐにゃに変形していたんです。私はとっさに手で自分の足首を抑え、手探りで元の形に戻して行きました。足が変形してしまった恐怖と、早く治さなきゃという思いが交錯しており、頭の中は真っ白になっていました。

ある程度形を元に戻し、二人に支えられて駅のホームに到着しました。これ以上迷惑をかけられないと感じ、AさんとOさんとはここでお別れしました。幸いなことにどういう原理川わかりませんでしたが、骨までは折れていなかったようです。

そしてすぐに親に電話しました。私の母親は霊とかそういう類のことに敏感なので、私が今どういう状況にいるのか察していたのだと思います。その電話が終わった後、急に私はある衝動にかられました。理由はわかりませんがどうしてもホームから線路の上に飛び降りたくなっていたんです。

どうしてもどうしても、駅に飛び込まずに入られない。そんな葛藤と戦いながら私はどうにか自分の家に帰りました。家に帰ってからも不可解なことは続きました。洗面所の電気が点いたり消えたりしたり、変な声が聞こえたりということが当分の間続きましたが、いつのまにかそれは無くなっていきました。

今となってはあの時のことが本当だったのか忘れかけています。ですが忘れることはないでしょう。なぜなら私の足首にはあの時うまく直せなかった、凹みがいくつもあるのですから。

潰された足を読んだ感想

怖い話を読んだ感想や思った事をを下記欄にコメントしよう。



実話の怖い話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

怖い話.com

怖い話が好きでブログ更新してます。 オカルト、怖い話、ホラーのジャンルが好きな方にオススメのブログです。 怖い話が好きなユーザーの方より怖い話をご提供頂ければ掲載させて頂きます。 怖い話募集よりお気軽にお問い合わせください。