【漫画】着色料は虫から出来ていた!?【マンガでわかる】

【怖い話】異世界へ行くエレベーター

短編の怖い話



深夜、残業で疲れて、私は家に帰った。
ふらふらだった。
マンションに帰る。
エレベーターに乗る。

私は7と書かれている数字を押す。
ふと、私は奇妙なものに気が付く。
このマンションは、8階までしかない。
それなのに、9階が存在する。
ああ、分かった。
間違えて、お隣さんのマンションに入ってしまったんだ。
この辺りは、同じような住宅街が並んでいる。私はきっと勘違いしたのだ。

すでに、エレベーターは動き出していた。
待て、よ。
私はマンションに入る際に、オートロックの鍵を使っていた。…………。

このマンションは、私が住んでいるマンションの筈なのだ。

私は七階を押していた筈が、九階のボタンが表示されていた。
……疲れている。
急いで戻ろう。
エレベーターのドアは開いていた。

そこは、真っ暗な闇だった。
私は何故か、誘いこまれるように、ふらふらと九階の闇の中へと入っていく。
後ろのエレベーターが閉まる。

改築工事で、マンションを増設したのだろうか?
私はそんな事を考えていた。
とにかく、スーツを脱いで、歯を磨いて眠りたい。
明日も朝から職場に行かなければならない。

私は、ふと、戻りたくなかった。

私は闇の中へと向かっていく。

何処まで歩いていたのだろうか。

灯りのようなものが見えた。
私はそれに近付いていく。

何か、大きな生き物の気配がした。
何かが、此処には潜んでいる。
大型犬だろうか?
それにしては、大き過ぎる。

灯りによって、その姿が映し出される。
それは、体色が青みがかっていた。
尻尾は、蛇だ。コブラだと思う。
背中には、巨大なワシのような翼を生やしている。
昔やっていた、RPGで見た事があるような怪物だ。……だが、ゲームと違うのは、実際に見ると、とてつもなく禍々しく、そしておぞましかった。

その怪物には、顔が無かった。
暗闇で、顔が覆われている。ただ、闇の中、二つの眼だけが私を見下ろしていた。

私はその怪物から、逃げる事にした。
ただ、脚がすくんで動く事が出来ない。

<異世界の扉を開いたのは、お前か?>
怪物は、私にそう訊ねる。
私は何の事だか、分からない。
<お前か? と、聞いている>
怪物の声は、静かに鳴り響く。ノイズがかっていて、まるで私がこれまで聞いた事のある、ありとあらゆる人々の声をかけ合わせたような不気味な声だった。

私はぼうっと想い出す。
一週間くらい前だろうか。
私は、真夜中にスマートフォンを眺めながら“この世界から逃げ出せる方法”というおまじないを行った。なんでも、それはエレベーターを使うものらしい。
まず、最初に、六階以上あるエレベーターの最上階に降りた後に、異世界に行きたい、と三回、口に出して呟く。その後、エレベーターに一階に降りて、五階、異世界に行きたいと呟く。その後、エレベーターの三回から出て、この世界から消えたいと三回、口に出す。その後、また最上階に登って、異世界の扉、開いてください、と言う。

その時に必要な持ち物は、カッターナイフでもいいので、何か刃物。
そして、赤い糸らしかった。
赤い糸が、現世において、自分を繋ぎ止めるもので、刃物を持っていく事によって、現世との未練を断ち切る事が出来るらしい。

儀式を行った、ちょうど一週間後、同じエレベーターに乗ると、最上階の一つ上の階が現れる。最上階が六階だったら、存在しない筈の七階が現れて、最上階が十階なら、存在しない筈の十一階が、エレベーターのボタンで現れる。

そして、私は、今日がちょうど、一週間後である事を思い出した。
一週間前に、私は、余りにも仕事で疲れていた為に、その儀式を思い出しながら行ったのだ。ちょうど、自宅のマンションの中には、縫い物用の赤い糸と、カッターナイフがあった。

<どうやら、想い出したようだな?>
顔の無い怪物は、私に訊ねる。
その怪物の全身からは、奇妙な霧のようなものが放たれているように見えた。多分、この怪物は、冥府とか、異世界とかの門番のようなものなのだろう。

「はい、私は、一週間前に、儀式を行いました。異世界に行く為の儀式です」
私は怪物に、そう告げた。

<では、わたしの背中に乗れ。異世界に連れていってやろう>」
顔の無い怪物は、座る。
巨大な翼がたたまれる。
私は怪物の背に乗った。
<では、行くぞ。もう、戻れないかもしれないぞ>
怪物は私を連れて、闇の中へとはばたいていく。

辺りは、轟音ばかりが鳴っていた。
何か異様な嘆き声のようなものが、辺り一面から聞こえてくる。
川のせせらぎのような音も聞こえた。
水が沸騰するような音も聞こえる。

一体、此処が何処なのか。
まるで、私には分からなかった。

そのうち、私は気を失う。
怪物は、意識を失う前に、私に囁き掛けてくれた。
<もし、戻りたかったら。赤い紐を辿れ。もし、行った先が何処か知りたかったら、鞄の中を開け>
確かに、彼はそう言った。

気が付くと、私は夜の街に佇んでいた。
ネオンライトが光っている。
何処の街なのだろうか。分からない。
人々の姿は見えなかった。

ふと、私は気が付く。
ああ、此処は、異世界なのだ。
エレベーターによる儀式によって、私は遠い異世界に連れていかれたのだ。
手には、仕事用のバッグを持っていた。
中を漁る。
すると、赤い糸が出ていた。
赤い糸は、何処か遠くへと繋がっている。

私はしばらくの間、街を歩いていた。
車は走っているが、車の運転手はまるで虚ろな顔をしていた。
コンビニに行くと、店員も客もいるが、何処か無表情だった。
私は、ジュースとスナック菓子を買ってみる。
コンビニの店員は、無言でレジを打ってくれた。

しばらくすると、自動車事故が起こった。
車が横転して、人が倒れていた。
誰もそれを見て、助けようとしない。そもそも、まるで人々は見えていないかのようだった。

私は、一体、此処がどこなのか知りたくなった。
此処は、一体、何なのか。
気付くと、鞄の中に、見知らぬノートが入っていた。
ノートをパラパラとめくる。
すると、ノートには、こう書かれていた。

‐此処は、灰色の人々の街。灰色の人々は、夢の世界で生きており、生者でも、死者でも無い。その中間に位置する者達。彼らは生きる事と死ぬ事の狭間にいる。‐

ノートには、そう書かれていた。
どうやら、此処は、夢の世界らしい。

私はふと、頭の中で両親の顔が浮かぶ。
両親の声が、強く聞こえた。
私のバッグからは、赤い紐が伸びている。私は紐を辿って、帰っていく。
どれくらい歩いただろうか。トンネルが見えた。私は、トンネルの先へと進む。大きな光が見えた。

しばらくすると、そこは白い病室だった。
私はどうやら、全身、包帯塗れだった。
口に呼吸器を付けられている。
両親の顔が、そこにはあった。

どうやら、私は自宅のマンションから飛び降りて、地面に倒れて、意識不明になっていたらしい。両親は泣いて、喜んでいた。

それから、私は元の仕事に復帰出来ず、病院でリハビリを行っている。
右足は障害が残るかもしれないと、医者に言われた。

職も失い、私は、今、生きる事に無気力だった。
あの存在しないエレベーターの最上階の一つ上の中で会った怪物は、とても恐ろしかったが、彼の背中の上に乗ると、何処か私を慰めてくれたような気がした。……また、生きる事が嫌になったら、両親や、その他の友人達の制止を振り払って、私はまた異世界に行くだろう。きっと、そこは覚めない夢の世界なのだろうから。

異世界へ行くエレベーターを読んだ感想

怖い話を読んだ感想や思った事をを下記欄にコメントしよう。

ちょっと怖いなぁ(~_~;)そんな時は気分転換にどうぞ(´ω`*)

【漫画】着色料は虫から出来ていた!?【マンガでわかる】

短編の怖い話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

怖い話.com

怖い話が好きでブログ更新してます。 オカルト、怖い話、ホラーのジャンルが好きな方にオススメのブログです。 怖い話が好きなユーザーの方より怖い話をご提供頂ければ掲載させて頂きます。 怖い話募集よりお気軽にお問い合わせください。